イソフラボン講座

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン

大豆 大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造と働きをすることがわかっています。
大豆の成長して芽になる胚軸部分に多く含まれている抗酸化物質の一種で、細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑える優れた成分です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンの卵胞ホルモンに似た働きするため、女性を若々しく美しくなるためにサポートすることが期待できます。
女性は加齢とともにエストロゲンの分泌量が減り、更年期を迎えると更年期障害という心と体のトラブルなどが起こる可能性があります。
エストロゲンは、肌の新陳代謝を促進して、髪の毛にツヤやハリを保ち、卵巣内の卵胞を成熟させて卵子を育て、排卵に備えます。
また丸みのある女性らしい体を作ったりコレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防いだり、骨を丈夫にしたり、自律神経を安定させることもあります。
大豆イソフラボンを摂ることでエストロゲンの不足を補い、公園期障害などのトラブルを予防するのです。
大豆イソフラボンが多く含まれる食品は大豆や大豆製品で、納豆、大豆飲料、豆腐、油揚げ、きな粉、味噌などです。

更年期障害は、イライラして精神的に不安定になったり、生理不順、急な大量の汗、のぼせやほてりなどの症状としてあらわれます。大豆製品を摂ることで女性ホルモンを補うことができ、これらの辛い症状を予防や改善することができます。
また抗酸化作用もあるため老化現象の原因ともなる活性酸素を取り除きます。
1日の摂取量の目安は70〜75mgで納豆では1パック食べることで1日分を摂ることができます。毎日でも食事で食べたい栄養素ですが、毎日規則正しく食事ができないほど忙しい場合にはサプリメントを活用しても良いです。

1日の摂取量の目安は70〜75mgですが、そのうちのサプリメントや健康食品などで摂取する量は30mgまでを上限と国の機関から発表されています。
食事から摂る場合には問題はないのですが、サプリメントで食事からの摂取量の不足分を補う場合には過剰摂取には注意が必要です。
サプリメントの過剰摂取は女性ホルモンのバランスを崩す恐れがあるため1日30mgの摂取量は守るようにします。
大豆イソフラボンを摂ることで胸が大きくなることが期待できたり、化粧水などの使用されることもあります。
安心で安全なので肌に優しいメリットがあります。
化粧水に使用される大豆エキスは、細胞再生の働きをする食物性プラセンタでコラーゲンを生成してヒアルロン酸の生成を促して肌の中からハリや弾力を作り出す効果が期待できます。